古今亭寿輔 トロピカル・ドリーム(CD2枚組)全6席 キントトレコード

2019年02月21日発売

ごあいさつ 古今亭寿輔
"噺家は陽気で品がなければいけません"
 五代目今輔師匠に教えていただきました。
 こんな熱帯魚スタイルで、陽気さや品がありますかねェ?
  お楽しみいただけたら幸いです。

 お待たせいたしました。
 古今亭寿輔さんの落語六席をここに集成します。
 演者と観客が一体になってつくり出すのが寿輔落語。
 CDにパッケージされた寄席の空気をどうぞお楽しみください。
 プロデューサー 和田尚久

DISC-1 KNCZ-83003 76:56
 「死神」   2018年2月21日 32:00
 「英会話」  2018年2月23日 17:00
 「地獄巡り」 2018年2月24日 27:47

DISC-2 KNCZ-83004 76:53
 「龍宮」   2018年2月27日 22:38
 「文七元結」 2018年2月22日 36:49
 「代書屋」  2018年2月28日 17:17

すべて浅草演芸ホールにて収録
お囃子・滝沢仁美 /成田みち子 /木本惠子

寿輔の履歴書
 1944年 山梨県甲府市生まれ。
父親は地方公務員をしていた。
 ラジオで落語の面白さに目覚め、高校生になると、休みの日に片道三時間半をかけて上京。寄席を覗いた。
 落語家志望を親に述べるが反対され、高校卒業後、東京・京橋の銀製品店に就職。宮内庁にも納品する一流店。
 1968年 やはり落語家になりたいと考え、勤めを辞めて三代目三遊亭圓右に入門。前座名、右詩夫。人形町末廣で初高座。
 1972年 四代目古今亭寿輔として二つ目昇進。
 二つ目のころに、黄色、ピンクなど熱帯色を配した自作の衣装を発案、新宿末廣亭で初披露。楽屋の反発もあったが観客には支持された。
 この時期、東北放送、山形放送でラジオ番組の仕事があり、十年ほど東北通いを続ける。
 1983年 真打昇進。
 近年は毎秋に上野広小路亭で「寿輔ひとり会」を開催。二十年を超えている。
 出囃子は中山晋平作曲「シャボン玉」。賞罰なし。

企画・制作・作画:和田尚久
編集・マスタリング:草柳俊一
撮影:キッチンミノル
デザイン監修:デザインルーム風都市
デザイン制作:小嶋あずさ
協力:浅草演芸ホール
温室

¥ 3,740

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

RELATED ITEMS

  • Home
  • About
  • Blog