家元の軌跡 談志30歳(2枚組CD)キントトレコード

家元の軌跡 談志30歳(CD2枚組 KNCA-12001-2)
全7席 キントトレコード (発売元:EzOscar)

CD1 KNCA-12001
 源平盛衰記 1966/05/10 24:19
 らくだ 1966/05/04 28:49
 芝浜 1966/05/07 24:39

CD2 KNCA-12002
 野ざらし 1966/05/08 17:07(昼席の収録)
 目黒のさんま 1966/09/05 17:32
 蒟蒻問答 1966/05/08 24:51(夜席の収録)
 ずっこけ 1966/09/02 18:10
 全て東宝演芸場にて収録

 書斎に積まれたテープ群。『S41年東宝名人会』と書かれた宝箱には、当時売り物だった『源平盛衰記』『野ざらし』の家元直筆タイトルが二重丸付きで記されている。
見事な出来、良好なバランスの録音。若い頃ならではの勢いが見事で既に完成している噺、後年完成されていく噺の初期の型。この時期ならではの発見・感銘がある。

もう一人の談志がここに…談志30歳。
 現存する最古の『芝浜』、幻のライブ『目黒のさんま』、若き日の十八番『源平盛衰記』『野ざらし』など、東宝名人会ライブ全7席収録。司会をしていた『笑点』が日曜の夕方で放送開始、
処女作『現代落語論』がベストセラーになった30歳の立川談志の姿が今ここに蘇る。生前多くの落語資料を収集していた立川談志宅書斎で発掘された貴重な若き日の音源。

 なお本CDの収録音源は、全て初音源で既発売音源との重複はありません。
また東宝演芸場の収録音源は東宝名人会の主任(トリ)を務めた時に収録されたもので、本CD収録の全ての音源は、当時の録音テープに基づき、草柳俊一が入念にリマスタリングしています。

 1966年-家元が企画した長寿番組『笑点』が金曜日夜から昼間の時間帯に移行し、処女作『現代落語論』がベストセラーに、そして長男が誕生しています。

【略歴】
立川談志(たてかわ だんし)
本名 松岡克由(まつおか かつよし)

 1936年1月2日 東京都文京区小石川生まれ
 1952年 五代目柳家小さんに入門 前座名「小よし」
 1954年 二ツ目昇進「小ゑん」と改名
 1963年 真打昇進「五代目立川談志」を襲名
 1971年 参議院全国区に出馬 当選
 1975年 沖縄開発庁政務次官就任一ヶ月で辞任
 1977年 参議院議員の任期満了
 1983年 真打ち問題をめぐって落語協会を脱退
     「落語立川流」を設立 家元となる
 2011年11月21日 喉頭がんのため逝去(享年75歳)

 2011年12月21日 お別れの会

¥ 3,672

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

RELATED ITEMS

  • Home
  • About
  • Blog