家元の軌跡 続・談志30歳(2枚組CD) 立川談志生誕80年記念CD/全6席 キントトレコード

家元の軌跡 続・談志30歳(CD2枚組 KNCA-12003-4)
立川談志生誕80年記念CD 全6席ボーナストラック(漫才1席)含 
キントトレコード  発売元:(株)イージーオスカー

CD1 KNCA-12003 71:58
1:源平盛衰記(26:45):1966年09月06日 東宝演芸場にて収録~第400回東宝名人会
2:鼠穴(24:49):1966年05月02日 東宝演芸場にて収録~第388回東宝名人会
3:お血脈(20:15):1966年09月07日 東宝演芸場にて収録~第400回東宝名人会

CD2 KNCA-12004
1:笠碁(20:06):1966年05月06日 東宝演芸場にて収録~第388回東宝名人会
2:堪忍袋(20:54):1966年05月25日 紀伊國屋ホール(第6回談志ひとり会)にて収録
3:ボーナストラック~漫才「許される悪戯」立川談志・前田武彦(31:48):1967年10月07日 東宝演芸場にて収録~第439回東宝名人会

 2014年に発売され、好評を博したCD「家元の軌跡 談志30歳」の続編が登場します。
 本作は、前作に収録しきれなかった東宝演芸場収録音源・4席に、
紀伊國屋ホール「談志ひとり会」の未発売音源1席を加えた談志30歳当時の5席、
さらに、特大ボーナスとして、前田武彦との漫才を追加しました。
 前田武彦さんは、マエタケの愛称でテレビ黄金時代を築いた司会者、放送作家をこなすく売れっ子マルチタレント。
マエタケと談志の漫才は当時大きな話題となりました。自ら初代司会者を務めた談志に対して、マエタケは笑点二代目司会者を務めています。
時に立川談志31歳、前田武彦38歳の記録をお楽しみ下さい。
 なお本CDの収録音源は、全て初音源で既発売音源との重複はありません。
また東宝演芸場の収録音源は漫才も含め、東宝名人会の主任(トリ)を務めた時に収録されたもので、
本CD収録の全ての音源は、当時の録音テープに基づき、草柳俊一が入念にリマスタリングしています。
プロデュース:松岡慎太郎(談志役場)/草柳俊一

【略歴】
立川談志(たてかわ だんし)
本名 松岡克由(まつおか かつよし)

 1936年1月2日 東京都文京区小石川生まれ
 1952年 五代目柳家小さんに入門 前座名「小よし」
 1954年 二ツ目昇進「小ゑん」と改名
 1963年 真打昇進「五代目立川談志」を襲名
 1971年 参議院全国区に出馬 当選
 1975年 沖縄開発庁政務次官就任一ヶ月で辞任
 1977年 参議院議員の任期満了
 1983年 真打ち問題をめぐって落語協会を脱退
     「落語立川流」を設立 家元となる
 2011年11月21日 喉頭がんのため逝去(享年75歳)

 2011年12月21日 お別れの会

¥ 3,672

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

RELATED ITEMS

  • Home
  • About
  • Blog